MENU

生え際の後退によるm字型の薄毛を、育毛剤で解消しました

私は20代という若さで、仕事のストレスからか、m字型の薄毛に悩むようになりました。前髪の生え際が、明らかに後退してきているので、毎日鏡を見ることも辛かったです。そのストレスが、さらに生え際の後退を促進していたと思います。
そこで私は、育毛剤を使用することにしました。m字型の薄毛は、額から分泌される皮脂が原因のひとつとなっているので、皮脂の分泌を抑える成分が入っている育毛剤を選びました。また、血行を促進する成分が入っているかどうかも重視しました。頭皮の血流が良くなれば、それだけ毛髪が栄養分を多く吸収し、丈夫に育つようになるからです。
希望に合う育毛剤をインターネットで見つけ、購入してさっそく使ってみると、まず最初の1?2ヶ月で、抜け毛が驚くほど少なくなりました。額が皮脂でテカテカと光ることも少なくなってきましたし、半年以上経過すると、生え際には産毛が増えてきました。その後もさらに使い続けると、産毛が太くなってきました。
現在私は30代になっていますが、m字型の薄毛が改善されてきたため、20代の時よりも若々しく見えます。

このページの先頭へ
一眼レフの特徴